フベンスールからクリスマスカードを頂きました[2018/12/24]

 

日本語

 

 こんにちは。

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金、インターンの齋藤誠仁(さいとうまこと)です。

 

皆様のご支援、ご協力、心より感謝申し上げます。

 

本基金がパラグアイの首都アスンシオンにあるスラム、バニャードスールで活動する際、コーディネーターとして協力して頂いている、現地NGOフベンスールより、クリスマスカードを貰いましたので、ご紹介致します。

 

今後とも、皆様のご支援、ご協力、何卒、宜しくお願い致します。

 

 文責:齋藤誠仁

 

castellano

 

Buenos días.

Les agradezco mucho por sus apoyos.

 

Hoy recibimos la carta y las mensajes de la Navidad de JuvenSur.

 

¡Feliz Navidad!

 

Les agradezco de antemano.

Muchas gracias por sus atenciones.

 

 

 

Makoto Saito

 

【御礼】12月22日の帰国報告会も無事終えることができました。感謝申し上げます。

2018年12月22日(土)、川崎市国際交流センターにおいて第二回目の帰国報告会を開催させて頂きました。

第一部は、学生たちのパラグアイにおける国際協力の実践活動報告と学生たちによる演奏を行いました。

第二部では、パラグアイハープ奏者の栗林波子様(エンリケ・カレーラ氏のお弟子さん)に素晴らしいハープの演奏を、ミュージカルパフォーマーの友石竜也様(劇団四季ライオンキング・シンバ役1000ステージ、その他多数出演)に素晴らしい歌声を披露して頂きました。会場では涙する人も多数出るなど感動を共にする時間となりました。

第三部では、クリスマス軽食会を開催し、ご参加頂きました皆様方と多くの意見交換を行うことができ、大変楽しい時間となりました。

ご協力頂きました内藤アカデミーの内藤幸彦先生、川崎JICAボランティアの会の皆様方には厚く御礼申し上げます。

関係者一同

 

 

12月22日(土) 報告会のお知らせ

冒頭に
皆さま方へ

今年も残りわずかとなりましたが、皆さま方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、以下の日程で報告会を行います。クラウドファンディングでいただいたご支援をもとに行った、パラグアイのスラム地域「カテウラ」での生活改善プロジェクトの活動報告をいたします。皆様のご来場をお待ちしております。

12月22日(土)14:30~18:00
●場所:川崎市国際交流センター 2階団体活動ルーム
川崎市中原区木月祇園町2-2

●入場料金:第3部のみ有料 2000円
●アクセス
東急東横線・東急目黒線「元住吉駅」下車徒歩 10 分〜12 分
東急東横線・東急目黒線・JR南武線「武蔵小杉駅」下車徒歩 25分〜30分
JR南武線「武蔵中原駅」下車徒歩 25分〜30分
JR横須賀線「武蔵小杉駅」下車徒歩 30分〜35分

 

バニャードの洪水支援[2018/12/9]

こんにちは。

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金、インターンの齋藤誠仁(さいとうまこと)です。

 皆様のご支援、ご協力、心より感謝申し上げます。

 本日、パラグアイ時間の129日、皆様から頂きました、バニャード地域における洪水の義援金を使用して、避難中の住民の炊き出しを実施しました(現地NGOのフベンスール主導のもと、本基金の他に、バニャード地域で主に栄養改善のため活動しているコニンという組織も協力して、実施しました)。

 今回の炊き出しでは、数百人分の食事を準備しましたが、洪水の影響で家に帰ることができない住民は、他にたくさんいます。

 また、避難中の住民の方(主にお母さん方)に料理を手伝って頂き、これだけ多くの食事を準備することができました。

 

今後とも、皆様のご支援、ご協力、何卒、宜しくお願い致します。

 

 

文責:齋藤誠仁

カテウラ生活改善プログラム終了のお知らせ

本プロジェクトにご支援頂きました皆様方へ

 

皆様方のご支援に厚く御礼申し上げます。そして、この度、カテウラのメンバーとともに実施したプロジェクトの終了報告をさせて頂きますことに重ねて御礼申し上げます。

 

 

パラグアイ時間の20181125日、本プロジェクトの第一目標であった、カテウラ地域における生活改善アクティビティが終了しました。

生活改善のアクティビティは合計15回開催し、のべ500人以上のカテウラの住民が参加しました。

 

アクティブティは、「教育」「健康」「職業訓練」という三本柱を中心に様々な生活改善のアクティビティを実施させて頂くことができました

 

第二目標である、教科書作成は、「健康支援」として、横浜国立大学の学生やアスンシオン国立大学の教授、学生などの協力により実施した、ドラッグや性教育などの問題を扱った講習会の内容をまとめたものを準備中です。

 

114日からパラグアイは豪雨に見舞われ、カテウラ地区も浸水し、カテウラの多くの住民が避難を余儀なくされました。私たちも避難のための支援活動にシフトし、カウンターパート機関であるJuvenSurのメンバーも避難しながら、カテウラ地域を支援するという状況になり、教科書作成活動を一時期中断せざるを得ませんでした。現在、水がひきはじめ、避難した住民も徐々にカテウラの家に戻りつつあります。この避難が落ち着き、教科書の作成が完成し、配布が終わり次第、改めて、ご報告させて頂きます。

 

第三目標として、小学校の校庭の整備も第二目標と同様に11月4日から続く豪雨により、校庭が浸水していること、また、今月も雨が続くと予想されているため、実際の着工は2019年1月以降を予定しております。パラグアイの小学校は2月下旬から始まるので、小学校の始業には間に合うように着工予定です。こちらも完了次第、ご報告申し上げます。

 

皆様方の温かなご支援に心より感謝申し上げます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金代表理事:藤掛洋子

 

現地インターン:齋藤誠仁、鈴木泰輔

学生部メンバー:齋藤幾日、松岡万理恵、樋口円華、五十嵐大地、大橋怜史、坂田有紀奈、並木優貴、石原佳歩、木村駿

バニャード地域の洪水の義援金 Apoyo a los pueblos de Bañado Sur

こんにちは。

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金、インターンの齋藤誠仁(さいとうまこと)です。

 皆様のご支援、ご協力、心より感謝申し上げます。

 先日、「横浜国立大学パラグアイ渡航帰国報告会&パラグアイカテウラ楽団コンサート」において、皆様からご支援頂きました、バニャード地域の洪水の義援金を、本日、パラグアイ時間の123日、現地のNGOに渡しました。

この義援金は、洪水によって、避難をしている住民の方々の、炊き出しとして使用させて頂く予定です。

 炊き出しは今週末を予定しています。

 また、こちらのホームページで、ご報告させて頂きます。

今後とも、皆様のご支援、ご協力、何卒、宜しくお願い致します。

 

文責:齋藤誠仁

castellano

Buenos días.

Les agradezco mucho por sus apoyos.

 

Gracias a los donantes japoneses, hoy, el día 3 de dic. pasé la donación al representante de la ONG que se llama JuvenSur.

 

Este fin de semana, planeamos una actividad para los pueblos de refugios.

 

Lo informaré en esta pagina.

 

Les agradezco de antemano.

Muchas gracias por sus atenciones.

Makoto Saito