パラグアイのスラム:カテウラで暮らすシングルマザーの経済的自立を支援するネイルプロジェクト

パラグアイのスラム・カテウラ

パラグアイの首都アスンシオンの郊外には都市最大のゴミ集積地があります。
カテウラと呼ばれるこの地域には、毎日約1,000~1,500トンものゴミが運び込まれています。
あちらこちらに高く積まれたゴミ山の中で、多くの女性や子どもがゴミの分別をして生計を立てています。

この地域には、雇用を求めて都市部にやってきた農民に対して住居等の対応が追いつかず、もともと湿地帯であったこの地域に「不法占拠」という形でこの地域に暮らしています。

カテウラは毎年雨季になると、近くを流れるパラグアイ川が氾濫し洪水を起こします。多くの家屋が浸水したり、時には家屋や学校は水没してしまい、カテウラに住む半数以上の住民が避難を余儀なくされてしまいます。

カテウラ出身というだけで差別を受けることもあり、仕事に就くことも難しく、経済的困難に陥るという悪循環も存在しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテウラおよび住民が抱える課題 

パラグアイ社会には、ラテンアメリカに特徴的なマチスモ(男性優位)思想があり、女性の社会的地位が一部の女性を除いて相対的に低いと言えます。二つの大きな戦争を経験し、成人男性の多くが亡くなったことから、人口のアンバランスが生まれ、男性が複数の女性と性関係を持つことを社会が許容してきました。

若年女性の望まない妊娠も多く、カソリックの信者が多いことから妊娠の中絶は容易ではありません。不十分な性教育も社会問題として指摘できます。子どもの父親となった男性やその家族が子どもを引き取り、子どもの世話をすることは稀であり、シングルマザー問題は社会問題の一つにもなっています。

また、カテウラでは、人々が質素な家屋に居住しているため、若い女性たちを狙ったレイプ事件も起きています。
経済的な困窮を理由から就学年数の短い女性たちは職を得ることができず、ゴミの分別などをしてなんとか収入を得ている状況であり、子どもを育てるにも経済的に苦しい状況です。

子どもたちもゴミ山で働いたりするなど、貧困のサイクルから逃れることができません。
シングルマザーの世帯や家族を殺されてしまった人々、ドラッグ中毒の若者たち、暴力やレイプ被害者、経済的・社会的理由により教育を十分に受けることができなかった人々たちは自尊心が低く、自殺未遂を繰り返していることもヒアリングより明らかになっています。

ネイルプロジェクトについて

カテウラで暮らすシングルマザーへの就業支援 

スラムで暮らす女性の仕事は、ゴミの分別や家政婦などであることが多いため、肺などの病気にかかるリスクや雇い主からの暴力のリスクを負っています。また、女性の賃金は男性よりも低いため、女性が経済的に自立することは容易ではありません。

しかし、女性がネイル細工という手に職をつけることで、中間層以上の女性たちを対象にネイル細工をすることが可能になります。一回の施術で30,000グアラニー(約5.5ドル)を稼ぐことができ、彼女と子どもたちの生活をするために必要な最低限の所得を女性たちは得ることができるようになります。ネイル細工のキットはコンパクトであるため、持ち運びが容易であり、女性の足で中間層以上の層の人々の家を回ることができます。

このプロジェクトを通じて達成させたいこと 

カテウラの女性(含むシングルマザー)60名がネイル講習会に参加し、技術を学ぶとともにコスト計算やマーケティングを学んでもらいます。
そして、その知識を生かしその中から少なくとも5名以上の女性たちが自立してネイル細工を職業として、安定した収入を得ることができることを目指しています。