パラグアイの教育事情と小学校等の建設支援について

ミタイ基金では、主な支援活動の一環として、学校建設を行っています。現在までに幼稚園1舎、小学校を3校、皆様の支援のおかげで建てることができました。従来のパラグアイの義務教育は初等教育(Educación Primaria)の6 年問のみでしたが1998 年より中等教育(Educación Secundaria) の前期課程が義務化され(施行率は68%)、合計9 年間の基礎学校教育課程(Educación Enscolar Básica:EEB )となりました(藤掛 2015)。中等教育前期(日本の中学校)が義務化されたものの、農村部では中等教育の施設がない状況が続いたため、小学校の校舎を中学校(中等教育施設)として使用すること多くありました。

引用文献:藤掛洋子(2015)「連帯から分析、そしてコミュニティの再統合に向けて:パラグアイ農村部における生活改善プロジェクトと学校建設支援を事例として」、関根久雄編著『感情と実践:開発人類学の新展開』 春風社: 207-240。
建設支援をさせて頂いた学校です。

ムルルプ地区の小学校

サントドミンゴ1 校舎外観の写真です。

サントドミンゴ2校舎内 装飾の写真です。
Bienvenidos=「こんにちは・ようこそ」といった歓迎の言葉が黒板に書かれています。

セレモニーの際の写真です。

メルセデス地区の小学校

メルセデスメルセデス地区の小学校校舎の様子です。
民族衣装を着た少女達が見られます。

2015年10月に開始した増築工事です。

2015年11月の状況です。

2015年12月の状況です。

ウブウテエ地区の小学校

テラロッサと言われる赤土道をえんえんと走ります。その後、やっと現れるのがウブウテエ地区になります。

こちらがウブウテエ地区の小学校 校舎の様子です。
オレンジ色の屋根が、まわりの豊かな緑に栄えています。