12月21日 最後の渡航報告会が終わりました

こんにちは!

ミタイ基金学生部藤掛研究研究室2年の皆川です。

12月21日、川崎市国際交流センターにて、2019年度SVパラグアイ・ボリビア渡航の帰国報告会が開催されました。今年度の渡航報告会としては、最後の発表になりました。

この会は、私たちの活動を物資提供などで支援してくださっている内藤幸彦様をはじめとする皆様が企画運営をしてくださいました。

第1部では、藤掛洋子教授による講演:「農村女性から学んだこと」、学生による渡航での活動の発表を行いました。今回の報告会では、現在パラグアイにて活動中の張のダブルアイデンティティの研究発表や、修士のカルロスさんの学生を見守っての感想発表も行いました。また、元JVC代表であり、日本映画大学の特任教授である熊岡路矢氏の講演も行われました。

第2部では、渡航メンバーの住山が南米渡航で感じたことを曲にし、弾き語りを披露しました。同じく渡航メンバーの加藤と共同で写真も投影しながらの発表でした。楽曲『遠くの空に憧れて』は、渡航中の情景そのままに表現されていて、思い出がよみがえる大変感動的なものでした。また、しろたにまもる氏による腹話術ショーも行われ、言葉だけでなく、目に見えるかたちで伝えたいことを表現することの大切さを学びました。

第3部では、懇親会を行い、食事をいただきながら会場にお越しくださった皆様と意見交換をさせていただきました。人生の先輩である方々から貴重なお話やアドバイスをいただき、大変有意義で、楽しい時間でした。

今回が私たちの学年の最後の報告会でしたが、この報告会は、私たちの学びや活動を振り返るとともに、さまざまな方に意見をいただくとてもよい機会だったと感じます。この経験をさらに次の成長へとつなげていきたいです。

この場をお借りして、発表の場を作ってくださった内藤様をはじめ川崎JICAボランティアの会の皆様に感謝申し上げます。

そして、私たちの活動をいつも応援しサポートしてくださる藤掛洋子教授、私たちを支えてくださるすべての皆様に感謝いたします。

ありがとうございました!