【御礼】無事セカンドゴールを達成することができました!感謝申し上げます。

ミタイ基金を支えて下さる皆様方へ

本日、2018年6月30日、無事セカンドゴールを達成することができました。

夢のようです。多くの皆様方から支えて頂いていることに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

青年海外協力隊として1993年1月にパラグアイ共和国に初めて到着し、生活を始めた時も多くの方々に支えて頂きました。

農村部で暮らす女性や子どもたちの生活改善の「技術支援」のためにパラグアイに参った訳ですが、実際には村の女性たちからバナナの葉っぱを活用し地面で調理する方法を教えて頂いたり、優しい子どもたちやご老人たちから人としてどう生きるかを教えて頂いたりと、毎日が本当に学びの日々でした。

村の方々や青年海外協力隊の仲間たちにも助けられ、村に幼稚園を作る機会を与えて頂き、活動をさせていただいた訳ですが、そこで見た女性たちの力強い生き様をなんらかの形で応援したいという思いから、小さなNGOを立ち上げました。そして女性たちのエンパワーメントについて学術的に分析してみたいという思いから、大学に戻りました。

そしてチャンスを頂き、大学の教員として学生さんたちに自分の研究/実践を伝えることができてとても嬉しく思います。

25年間の活動はとても小さなものでしたが、国内外の仲間たちが加わり、そして多くの皆様方に助けられ、今日のこの日を迎えることができました。

国内外で起きている多くの社会問題の全てに立ち向かうことはできませんが、自分たちにできることに心を込めて真摯に取り組みたいと思います。

このような機会を与えて頂きましたことに改めて感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。次のステップに参るためにメンバー一同頑張ります。引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

藤掛洋子&メンバー一同