ニャンドゥティが日本で売られるまで②

こんにちは、現地インターンの久保田玲海(横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程)です。

いつもご支援ありがとうございます。

先日、注文していたニャンドゥティができてきた、という連絡を作り手のマリアさんから受けました。
そして、作成途中のニャンドゥティの写真を送っていただきました。

正直なところ、注文するときはどんなニャンドゥティが完成するかわからず不安だったので、写真を見た時に想像通りのものができておりホッとしました。

nanduti2

このニャンドゥティはピアスやイヤリングのために作ってもらったものです。日本で売るために、日本人が好む色合いや形を色々と探してみてお願いしました。

さっそく、日本にいるミタイ基金のメンバーに「ニャンドゥティーができてきたよ」と写真と共に報告すると、「かわいい!」という感想をもらえました。私が作ったわけではないのですが、とても嬉しかったです。

これから、ニャンドゥティを白い布からはがす最後の作業をするようです。ニャンドゥティは糸を編むのではなく、布に糸を縫い付けて、最後に糸だけにするんです!ニャンドゥティといったら糸が編みこまれているイメージだったので、初めて見た時は驚きました。

完成が待ち遠しいです!

文・写真 久保田玲海