第三週目カテウラ訪問/Third Week: Visit to Cateura

今週木曜日(7月7日)、カテウラ地区を訪問しました。今回は、前回訪問したい際に英語の授業を行なったCerro Potyではなく、Aula Móbilと呼ばれる、一時的に建てられた学校で授業を行ないました。カテウラ地区は去年、川の増水により地区一帯が水没する被害を受けました。そのため水没した地区に住んでいた人たちは避難を余儀なくされ、一部の人たちは今回私たちが訪れた場所に住んでいます。水没した建物の中には学校も含まれており、その学校に通っていた一部の子どもたちは緊急に建てられたAula Mobilで勉強をしています。

This Thursday (July 7th), we made another visit to Cateura district. Instead of Cerro Poty, the school we visited last time, we taught English at an “aula móbil, a school that was built temporally for children who lost their houses as a consequence of the flood last December. Many buildings, including the school, sank under the water. Many children who I taught English this Thursday used to go to the school and are currently learning at the Aula Móbil.

IMG_1217 Aula Móbil

IMG_1220

中の様子・授業の様子/Inside Aula Móbil

今回は、新しいグループを担当することになったので、英語のアルファベットを練習しました。前回紹介したワークシートとパワーポイントを使って約30分の授業を行ないました。英語を勉強することが楽しいと言ってくれた子どもたちが沢山いて、教える側としてとても嬉しかったです。逆に子どもたちには、パラグアイでスペイン語と一緒に使われているグアラニー語を教えてもらいました。

Since we had a new group of students, we taught English alphabets with the worksheets and the powerpoint that we had used at other schools. For about 30 minutes, we had practiced the pronunciations of all the alphabets and vocabularies associated with the alphabets. My students taught to me Guaraní, which is an indigenous language spoken along with Spanish in Paraguay. Many students told me that they loved learning English.

授業後、私たちは生徒たちが住むコミュニティーを訪問しました。学校から歩いて五分程にある子どもたちの家を見た瞬間、衝撃を受けました。家の作りは木の板を何枚か合わせてできており、それが6、7軒集合していました。何人かの子どもたちは学校から帰るとプラスチックボトルを袋に詰める作業を行い始めました。後にインタビューを行なったコミュニティーのリーダーであるディオニシオ・ゴンザレスさんの話によると、子どもたちは集めてきたプラスチック類などのゴミを売って、家計を助けているとのことでした。他の収入源としては工事現場での仕事等、いわゆる日雇い労働が大半を占めています。カテウラの住人は安定した仕事がないのです。子どもたちは家計を助けるために12歳頃からは働き始めるそうです。

After the lesson, we visited the community where my students live. Walking for about 5 minutes, we arrived at the area. I was shocked when I saw their houses. They were merely made of five or six large wooden boards. As soon as we got to the area, I saw some children started collecting plastic bottles, which they had collected from the pile of garbage, and putting them into plastic bags. During the visit, we had an opportunity to interview one of the leaders of Cateura district, Dionisio González. According to him, many children gather and sell garbage to financially support their families. He also told us that they normally start working at the age of 12 because no adult in the community has a permanent job.

IMG_1150使う 家の様子/Houses in the community

IMG_1148使う

ペットボトルを袋に詰める子どもたち/Children collecting plastic bottles

今まで自分は、学校建設や教科書の配布等が教育の場を与えるということ、という単純な考えしか持っていませんでした。確かに、学ぶ場所を提供するということは必要です。しかし、多くの子どもたちが家庭の事情等で学校に行きたくても行けないということを今日この目で見ました。今回、英語の授業を教えた際もクラスの半分以上が欠席でした。カテウラ地区には全部で73世帯が住んでおり、子どもの数は300人程いるそうです。これらの大半が十分な教育を受けられていないのです。

Until this Thursday, I had believed that providing educational opportunities for children would be achieved by simply building schools or giving them school materials. But, it was a huge misconception. There is no doubt that the constructions of schools for children that do not have access to education are important. However, I saw that there are more fundamental reasons that explain why students are not able to attend schools in Cateura. For instance, more than half of the students that supposedly go to the Aula Móbil were absent this Thursday. There are 73 families and 300 children living in Cateura. The majority of these children are not able to receive adequate education.

カテウラ訪問の最後には、彼らが浸水被害を受ける前に住んでいたエリアを視察することができました。洪水によって溜まっていた水は去年12月に比べてほとんど無くなっていましたが、至る所に大きな水たまりが残っていました。道は雨が降るとすぐ不安定になってしまい、車で通るのも多少困難でした。水没していた影響もあり、草が生い茂っていて虫も沢山いました。辺りを歩いている際、何人かの小さい子どもたちが咳をしていることに気づきました。カテウラ地区のリーダーの一人であるペトローナ・ゴンザレズさんによると、カテウラは衛生環境が非常に悪く、子どもたちの健康を害していると話していました。今一番カテウラ地区に必要なのは衛生環境の改善、トイレの増設とも言っていました。現地に入っているNGOによってトイレが幾つか建設されていますが、鍵がかかっていて使えない状態でした。

Toward the end of the visit, we went to the area in which the families of the community that we met used to live. As previously mentioned, their previous houses were flooded and no longer functioning as places to live. From last December, the water that was covering the area was mostly gone. However, we could still see several large puddles. The conditions of the roads were not ideal. Additionally, there were water grass and small flies everywhere. As we were walking, we saw some children who were coughing. Petrona González, another leader of Cateura district, explained that the hygienic environment of the district has impaired the children. She believes that the improvement of Cateura’s sanitation and the constructions of more bathrooms need to be done urgently.

IMG_1184

生い茂った草・水たまり/Grass and Puddle

IMG_1176

道路の様子/A Road

IMG_1185

トイレ/Bathroom

カテウラ地区で教育の機会を増やすためには、学校増設や教科書の配布以外にも解決しなくてはいけない問題があることを今回の訪問で感じました。現在、パラグアイ政府は十分な成果をあげておらず、現地に入っているNGOも一つしかいません。カテウラを取り巻く問題は今回の訪問で自分の目に映ったもの以外にも沢山あります。これらの問題を解決するために政府とNGOの連携が必要だと自分は考えます。カテウラの住人が直面している問題、そして今すぐに行動を取る必要性をできるだけ多くの人に知ってもらう。今回のレポートがカテウラ地区に対する支援の増加に何かしら貢献できればと願っています。

The improvement of the educational conditions in Cateura requires a lot more than simply constructing schools and providing school materials. As of today the Paraguayan government has not done a lot to overcome the issues in Cateura, and there is only one NGO that has been working in the area. The issues that I have mentioned in this report are just few of many that the habitants of Cateura are facing at this moment. I strongly believe that the cooperation between the Paraguayan government and grassroots organizations is necessary in order to overcome the issues in Cateura. I hope this report serves to inform audience of these issues and of that we need to take actions right now.