パラグアイ先住民族の方への支援

パラグアイカアグアス県コロネル・オビエドには国際交差点といわれるブラジルとアルゼンチンにつながる大きな交差点があります。その交差点から少し外れたところに住居を追われた先

住民族の方々が住まれるようになり、かれこれ数年が立ちました。ミタイ基金としての支援はわずかなものですが、できることを出来る時にさせていただきたいと思い、数年前より先住民の代表の方とお話をさせていただき、食料をお届けさせて頂いております。

今年はここで赤ちゃんも生まれており、色々なことを考えさせられる時間となりました。

ここでお聞きしたお話はいずれきちんとした文章にしなければなならいと考えております。なお、写真の掲載は許可を頂いております。